ピディオキシジルとミノキシジルは併用したら危険!?

-shared-img-thumb-PP150719540I9A0165_TP_V

リアップをはじめとするミノキシジルは、育毛に非常に有効的な特効薬ではありますが、副作用のリスクがあるというデメリットがあります。

一方で、ミノキシジル誘導体と呼ばれるピディオキシジルは、ミノキシジルと似た効果があるにも関わらず副作用が一切ない成分として最近登場した新育毛成分です。

それぞれで効果があまり実感できなかった人の中には、この2つを併用して、さらに育毛効果を高めようと考える人もいるはず。ミノキシジル単体で用法容量を守らないと副作用のリスクが増大するので、そこにピディオキシジルなど副作用のない育毛剤を使おうという考えですね。

 

ピディオキシジルとミノキシジルは併用可能か?

基本的にはピディオキシジルとミノキシジルは併用しても危険性は一切ありません。私もこれは経験済みで、副作用などは感じたことがありません。

ただ、ピディオキシジルをピンポイントで併用するというよりも、キャピキシル育毛剤に含まれているピディオキシジルとミノキシジルを併用するという形になります。

 

ピディオキシジルを単体で配合している育毛剤は今のところないので、ミノキシジルと併用するとなると、ピディオキシジル配合の育毛剤である「フィンジア」か「ボストンスカルプエッセンス」の2択になります。

そして、ミノキシジルはというと、日本で市販されているのはリアップだけですが、個人輸入業者などを介せば海外で販売されているミノキシジルや価格の安いジェネリック医薬品なども手に入ります。有名どころでは、ポラリスやカークランドが人気ですね。

また、ミノキシジルの場合は先ほど紹介した外用薬タイプの「塗りミノキ」と、錠剤で体の中から効いてくる内服薬タイプ「ミノキシジルタブレット」の2種類があります。

 

つまり、組み合わせとしてはこの4通りが考えられます。

  • フィンジア×塗りミノキ
  • フィンジア×ミノタブ
  • ボストン×塗りミノキ
  • ボストン×ミノタブ

 

個人的にベストなのは、フィンジアとミノタブの組み合わせが最強かと思います。フィンジアはピディオキシジル濃度が一番高いですし、ミノタブはミノキシジルの中でも最も効果が高いといわれる育毛剤です。

ただし、併用してもミノキシジルの副作用が和らぐということはありません。副作用のリスクは減るわけではないので、そのあたりはしっかりと覚悟しておきましょう。

どうしても副作用を避けたいという方は、やはりミノキシジルは省いて、副作用のないピディオキシジル配合の育毛剤で地道にコツコツケアしていくことをおすすめします。

副作用なし!ピディオキシジル配合の2大育毛剤

→FINJIA(フィンジア)6ヶ月間使用レビュー
キャピキシル5%にピディオキシジル2%配合と業界最高濃度!しかも最安値と今バカ売れの育毛剤!
→ボストンスカルプエッセンス使用レビュー
先駆け的存在!キャピキシル5%にピディオキシジル1.5%が配合された、スポイトタイプの育毛剤!

コメントを残す