ピディオキシジル育毛剤は100%副作用がないと言えるのか?

-shared-img-thumb-YUKA160421270I9A2690_TP_V

育毛剤を使ううえで気になるのはその効果ともう一つ、副作用だと思います。

プロペシアなどのフィナステリド錠の場合、よく言われるのは精力減退という副作用がいわれますし、リアップなどのミノキシジルの場合は頭皮の痒み炎症、または多毛症むくみ動悸などの副作用もみられます。

また、内服薬タイプのミノキシジル(ミノキシジルタブレット)の場合は、外用薬タイプのミノキシジルよりも効果が高いとされていて、その分リターンである副作用も顕著にあらわれるケースが多いといいます。

ピディオキシジルやキャピキシルには本当に副作用がないのか?

近年キャピキシルやピディオキシジルといった新育毛成分が注目されている理由の一つとして、従来までのミノキシジルのような副作用が一切ないことが挙げられます。

育毛効果はそのままに(もしくは従来以上に)、副作用というデメリットがない治療法として非常に注目を集めていますね。

 

事実、ピディオキシジルやミノキシジルの副作用は今のところ確認されていません。

まれに使い始めに少し「抜け毛が増えた」という初期脱毛のような症状があらわれる人もいるようですが、これは一時的なものですしむしろ新生毛が育っている証拠でもあるので、副作用とはまた少し違います。

100%副作用がないとは言い切れない?!

ですが、キャピキシルやピディオキシジル配合の育毛剤が、100%プラスの効果しかないとは言い切れません。

というのも、例えば管理人が愛用している育毛剤「フィンジア」は、キャピキシル5%とピディオキシジル2%が含まれていて副作用ゼロの育毛剤として巷でも人気を博していますが、なかには配合成分であるカプサイシンによって、頭皮にピリッと感や刺激を感じる方もいるようです。

私自身は半年以上使ってますが、まったくそういった違和感は感じたことはありません。副作用ゼロで納得しています。ただ、人によってはとくに肌が極端に弱い人に関しては、少なからずそういったデメリットもないわけではないということです。

つまり、ピディオキシジルやキャピキシル自体に副作用はありませんが、育毛剤ではその他配合されている成分にも注目した方がいいと私は思います。

 

とはいえ、実際のところは使ってみないとわかりません。なので、肌が弱い方、副作用が心配な方は、頭皮に直接使うまえに一度二の腕などでパッチテストをして、異常がないことを確認してから使うといいでしょう。

副作用なし!ピディオキシジル配合の2大育毛剤

→FINJIA(フィンジア)6ヶ月間使用レビュー
キャピキシル5%にピディオキシジル2%配合と業界最高濃度!しかも最安値と今バカ売れの育毛剤!
→ボストンスカルプエッセンス使用レビュー
先駆け的存在!キャピキシル5%にピディオキシジル1.5%が配合された、スポイトタイプの育毛剤!

コメントを残す