ピディオキシジルがヘアサイクルに与える好影響が凄い!

ミノキシジル誘導体とも呼ばれるピディオキシジル。

まったく副作用がないミノキシジルとして注目を浴びていますが、具体的にはどのように育毛にアプローチするかご存じでしょうか?

ピディオキシジルの具体的なアプローチは大きく分けて次の3つです。

  • AGA(男性型脱毛症)によって乱れたヘアサイクルを正常に戻す
  • 毛髪を支える頭皮周りのコラーゲンを柔軟に保つことで脱毛を防ぎ髪を強く保つ
  • 頭皮の線維芽細胞のカリウムチャネルを開くことで毛髪の再生を促進させる

中でも、注目すべきはヘアサイクルへの効果です。

今回は、そんなピディオキシジルの「ヘアサイクル正常化」効果について解説していきたいと思います。

 

そもそも「ヘアサイクル」とは?

ヘアサイクルは毛周期とも呼ばれ、毛が生える→育つ→抜ける→生える・・・といったサイクルを言います。このように、髪の毛というのは一生ものではなく、カラダの細胞と同じように常に数年周期で新しい毛髪に生え変わってるんですね。

もっと詳しく言うと、ヘアサイクルというのは大きく3つの時期に分けられます。

Fotolia_103074862_XS

  • 成長期:髪の毛が生えてきてどんどん成長する時期(4~6年程度)
  • 退行期:髪の毛の成長が止まる時期(2週間程度)
  • 休止期:古い髪の毛が新しい新生毛に押し出され抜け落ちる時期(3ヵ月間程度)

 

通常の場合は、長い年月かけてこのヘアサイクルが繰り返されるわけですが、AGA(男性型脱毛症)の場合は、この成長期にいるはずの髪の毛が成長途中で強制的に退行期に入ってしまい、休止期へと入って成長するまえに抜け落ちてしまうのです。

さらにAGAの特徴として、「一度短くなったヘアサイクルは放置しても前回以上に長くなることはない」というのがあるので、髪の毛がどんどん軟毛化を繰り返し、徐々に薄く見えてしまうわけですね。

 

そこで役立つのがピディオキシジルです。

ピディオキシジルはヘアサイクルを正常に戻す働きがある!

ピディオキシジルのヘアサイクルを正常化させる効果というのは、このAGA(男性型脱毛症)によって強制的に退行期に入ってしまう髪の毛を、成長期へと再び引き戻す作用があると言われています。

つまり、成長が止まってこのままだと「抜け待ち」になってしまう髪の毛を、ちょっと待った!という感じでもう一度成長させるようアプローチするということですね。

従来の「最強の毛生え薬」と言われてきたミノキシジルも、実はこれと同じような効果からそう呼ばれてきました。

しかしピディオキシジルはミノキシジルと違って副作用がないので、その分育毛には非常に便利で誰でも気兼ねなく使いやすいというメリットがあります。

 

もちろんミノキシジルと同様に即効性には欠けますが、3ヶ月~半年ほど継続して使用することで、抜け毛予防、増毛にかなり期待ができると言われています。

副作用なし!ピディオキシジル配合の2大育毛剤

→FINJIA(フィンジア)6ヶ月間使用レビュー
キャピキシル5%にピディオキシジル2%配合と業界最高濃度!しかも最安値と今バカ売れの育毛剤!
→ボストンスカルプエッセンス使用レビュー
先駆け的存在!キャピキシル5%にピディオキシジル1.5%が配合された、スポイトタイプの育毛剤!

コメントを残す